このページの先頭です

English

会社案内

ここから本文です

CSR

コンプライアンス宣言

基本理念
多くの社会資本整備の調査・計画から設計に携わる総合建設コンサルタントとして以下に示す行動指針に沿って、法令遵守、社会的モラルおよび企業倫理などを重視した体制作りと活動により、社会に貢献できる企業となることを宣言いたします。
行動指針
  • 社会の発展に役立つ事業活動を行う
  • 個人の能力を最大限に発揮し、活力ある組織をつくる
  • お客様・取引先などのステークホルダーの皆様含め、広く社会から信頼される企業をめざす
  • あらゆる企業活動において法およびその精神を遵守し誠実に行動する
  • 良き企業市民としてサスティナブルな視点で地球環境保全と社会貢献に取り組む
コンプライアンスの定義

従来の法遵守より社会的モラルへの適合

コンプライアンスの定義

取締役会のコンプライアンス宣言
  • コンプライアンスの重要性・必要性を理解し、自らが全社に周知し、社員と会社を守り、ステークホルダーからの信用を高めます

    代表取締役社長 番上 正人

  • 技術者倫理を遵守し、技術部門の果たすべき顧客満足度の向上を支援します。具体的には、品質管理、工程管理のサポートを行います

    専務取締役 飯田 章

  • 社内のコンプライアンス意識の向上と社会(モラル)に適合した組織風土の醸成に向けて活動します

    常務取締役 先山 浩司

  • 社会のルールや規範を守ること、その当たり前のことに徹底して取り組みます

    取締役 下稲 郁彦

  • 生産力の向上、品質の向上、労働環境面の改善に取り組み、心にゆとりのある技術者集団を目指します

    取締役 玉水 淳一

(制定日)2020年1月6日
(改定日)2021年1月4日
取締役会一同
PDFリンク

健康経営宣言

当社では、「人(従業員)が最大の資本」との理念に基づき、こころとからだの健康推進活動をさらに進化させ、治療・予防(守り)の取り組みと働きがい・やりがいの向上(攻め)を推進していきます。

また、従業員が自分で考え、自ら健康習慣に取り組めるよう支援することで生産性の向上を目指すとともに、在職中(今)だけではなく退職後(未来)もWell-Beingでいられるように支援していきます。

当社では、従業員のWell-Beingを通して、本人やその家族、お客様の幸せを実現し、社会に貢献することを目指します。

健康経営実施体制

※Well-Beingとは
WHO(世界保健機構)が、“健康”を「病気でないとか弱っていないということではなく、肉体的にも精神的にも、そして社会的にもすべてが満たされた状態(Well-Being)にあること」と定義しています。

(制定日)2019年4月1日
代表取締役社長 番上
PDFリンク

SDGsの取り組み

株式会社日本インシークは、「未来を見据え このまちをささえる」ことを目標とし,社会資本整備を担う企業として、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて様々な取り組みを推進しています。
  • 社会の発展に役立つ事業活動を行う
  • 個人の能力を最大限に発揮し、活力ある組織をつくる
  • お客様・取引先などのステークホルダーの皆様含め、広く社会から信頼される企業をめざす
  • あらゆる企業活動において法およびその精神を遵守し誠実に行動する
  • 良き企業市民としてサスティナブルな視点で地球環境保全と社会貢献に取り組む

SDGsの概要
・2015年9月の国連サミットで採択された国連加盟193か国が掲げた目標
・2016年~2030年の15年間に達成すべき目標17とターゲット169を設定

SDGsの17の目標