このページの先頭です

English

事業紹介

ここから本文です

NavVis VLX

歩行で高精度点群とパノラマ写真を計測できるウェアラブル型レーザースキャナー

NavVis VLX

工場/プラント等建築物、地下空間などの屋内、歩道、橋梁、トンネル、遺跡などの屋外など、場所を選ばず、MMSやドローンで取得できないエリアも補足できます。また、専用ケースに入れて新幹線や飛行機で移動可能、作業者ひとりで手軽に組立・分解が可能です。

特長

2台のセンサー「Dual LiDAR」で縦・横16レイヤーの3Dカラー点群データを100mのカバー距離で高密度に取得します。地面や壁面の測量点を計測中に記録するだけで、​高精度な点群データの取得と自動統合処理を実現します。パノラマ画像取得場所や3D点群データ取得状況(エリアと密度)を手元の画面で確認できるため、計測の専門知識がなくとも操作可能、データ取得漏れによる手戻り削減で効率化に貢献します。
体への負担を抑えたエルゴノミクスデザインを実現。LiDARやカメラを頭上に配置することで、計測対象を正面に捉えつつ、狭隘な空間での計測であっても、​設備への衝突などの危険性を大幅に削減します。

NavVis VLX