ここから本文です

日本インシークを知るABOUT

建設コンサルタントとは

社会資本について

建設コンサルタントの前に、まずはその前提となる社会資本について説明します。 社会資本とは、国や地方自治体、高速道路や鉄道事業、電力事業等の事業者や独立行政法人、あるいは一般の民間事業者が発注主体となり、建設コンサルタントと建設会社等の会社にその仕事を委託して整備して行きます。

私たちの生活は、さまざまな社会資本によって支えられています。

  • 経済活動を支える道路、鉄道、橋、港湾、空港。
  • 生活基盤である通信、電気、ガス、上下水道などのライフラインと供給施設。
  • 同じくエネルギーや水資源を供給するためのダム、河川。
  • 災害を防ぎ、国土を守るダム、堤防、防波堤、護岸。

これらの社会・経済活動を支える公共性の高い施設やその環境を「社会資本」と言い、それらを建設したり、施設を維持することを「社会資本整備」と言います。

  • 社会資本イメージ1
  • 社会資本イメージ2
  • 社会資本イメージ3

社会資本整備の流れ

社会資本整備の流れ

建設コンサルタントは、様々な課題に取り組み、技術力を活かして社会資本整備に貢献する職業で、現在の課題だけでなく、未来の社会を創造していくのにも重要な存在となっています。

私たちは、社会資本の整備の流れの中で、工事の「施工」を除く、「企画・調査」、「構想・計画」、「設計・解析」、「施工管理」、「維持管理」の各ステージで活躍しています。

コンサルタントの立場

社会資本の整備は、発注者・建設コンサルタント・建設会社の三者が一体となって進めることが非常に重要です。 その中で建設コンサルタントは、常に法律を遵守し「中立・公正」な立場からプロジェクトを推進し、発注者の”ブレイン”となる技術のプロフェッショナル(専門家)としての役割を果たします。

建設コンサルタントの役割

設計者に相当する建設コンサルタントは、専門の土木建築知識をもった技術専門家の集団です。様々な専門知識を活かし、広い視野で物事を考え最適提案を行い、社会資本整備に貢献するのが仕事です。建設コンサルタントは発注者のパートナーとして、技術専門家として安全、安心で豊かな社会の実現に向けて重要な役割を担っています。
発注者の要請を受け、社会資本整備を行う上での課題を把握し、実現に向けての最適提案を行い、その地域の発展に貢献するのが建設コンサルタントです。
これまで建設コンサルタントは調査、計画設計など発注者のパートナーとしての役割を主としてきましたが、これからは社会的合意形成、発注者に代わって事業執行するマネジメント能力、第三者の立場で設計審査や施工監理を実施する役割を担うことが必要になってきています。